2004年08月16日

3 女の解釈を印象的に

教室、月末は合同講義があります。そのときはコンテスト出場者以外は1分スピーチをします。1月のテーマは「雪」・・・・皆さんどんな物語を連想するでしょうか・・・

(先輩修了生 坂下由利子さん)・・・
「雪女という童話があります。あの話、はじめは、@「約束を破ってはいけない。」と言う話かと思っていました。それが社会に出た頃になるとA「人を簡単に信用してはいけない」という解釈なって、今はこんな風に思っています。B「好きな人を試したくなった」  実際私も好きな人を試したくなってそれで失敗したことがあります(^_^;)」



この話は成長するにつれて同じ物語の解釈が変わっていく話でした。
子供・・大人・・女性の解釈。最後に自分も女の解釈を実践して失敗してしてしまう、という実体験で結び、Bの解釈を印象づけます。
女性の深層心理を抉り出す深みのある内容と効果的な構成、わずか1分でこれだけ聞かせるのか!と僕は感服しかわいい先輩を見直しのでした。

posted by しくむ at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るスピーチ(教室編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22253780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。