2012年07月22日

教室キャラを作ってプレゼンしてみました


教室スピーチ 課題「プレゼン」
菅谷佳子さん

プレゼンについてですが、私は仕事柄プレゼンをする機会が多いです。
今回は自分の商品化したキャラクターをプレゼンしようと思ったのですが、
これらはコンセプトや背景が既にあるものなので、それを読むだけというのは
ずるいだろうと思い、1からキャラクターを作ることにしました。

そこで、せっかくなので話し方教室のキャラクターを作ってきました。
2012071913090000.jpg 2012071913170000.jpg

kikikata hanashikata のロゴにうさぎとねこが入っています。(写真参照)
なぜうさぎとねこなのかと言うと
うさぎは耳が長くて聞くことが上手、ねこは実家で飼っているねこが
ニャーニャー鳴くのでおしゃべり好きのイメージがあるからです。

それぞれのキャラクターの設定は
●ききうさ・・・聞き方のプロ。でも話す方は苦手。
●しゃべねこ・・・話し方のプロ。誰とでもお喋りできる。聞くのは苦手。
2匹とも教室に通って勉強しているという設定です。

2012072210450000.jpg
普段はこのようなテイストのキャラクターを描いているのですが、(写真参照)
こういった幼い、可愛らしいテイストだと女性・子供は好きでも
男性、特に大人の男性から敬遠されてしまいます。話し方教室は大人の
男性の方が多いのでこれではいけません。「本当にこの教室効果あるのかな?」と
思われてしまうかもしれないからです。なので、このようなシンプルなデザインにしました。
女性向けにカラーバージョンも用意してあります。(写真参照)

2012071913100000.jpg

キャラクターがある事によってどのような効果があるか。
先週、話し方教室のロゴ入りグッズを販売している事を知りまして、ここに、
ロゴだけでなくキャラクターもいれば商品のバリエーションが広がります。

2012071913160000.jpg

生徒である私から見た、欲しい商品を考えてみました。(写真参照)
●クリアファイル・・・書類が多いのでクリアファイルでまとめています。
これが可愛くなったものがあったら良いなと思いました。
●カレンダー・・・月の教室の予定が書いてあるカレンダー。これを見れば
いつどの授業があるかすぐ分かります。

以上が私からのキャラクター提案になります。
もし、先生が話し方教室にキャラクターが欲しい、と思った際にはこちらを
思い出してください!宜しくお願いいたします。

【感想】
聞くこと、話すことの2本立ての教室を柱をイラスト化して印象づけた、
印象深くプレゼンでした。
テーマも教室のことと聞き手全員に関わりのある内容で、みんな興味深く聞いていました。
posted by しくむ at 09:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るスピーチ(教室編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。