2012年07月23日

逆説的ですが感謝しています(コンテストスピーチ)

コンテストスピーチ

寺田麻子さん
「この教室に入ったきっかけを話します。
同じ会社の人で40代の方なんですが、なかなかうまくいかない人がいました。
挨拶しても無視されるし、褒めても、ムスッとしている。
全然キョリが近づけずに、ついていけない。仕事がうまくいきませんでした。

これではイケナイ、もっと多く人を知って、自分のキャパを広げなければ・・・

こう考えて、この話し方教室の門をたたきました。

実際にここでは年齢も仕事も幅広く、様様な話ができ、聞いてもらえまた聞くことができました。
そういうことで広げることができたと思います。

これで対処可能か?と思っていた矢先、彼は異動になりました。
なので、自分の器の大きくできた度合いを図ることはできませんでしたが、

ここに来なければ体験できなかったであろう、多くの出会い、楽しいこと、感動すること、こういう世界があること・・を知ることができました。
今では彼に感謝しています。」

【しくむ感想】
挨拶も褒めも通じない、なかなか手強い先輩でしたね。
通常は出て行ってくれて良かった、と締めるところを
感謝で締め、教室月間の、挨拶・褒め・感謝がそろい踏みした
絶妙に構築されたストーリーでした。
(通常、この3つを全部出すと話しがまとまらなくて印象に残らないが本スピーチに関しては、
3つを出しながらも1つの話になっており印象に残りました。)

一つ意見があるとすれば、スピーチのタイトル・主題になるでしょうか?
「教室に来たきっかけを話します。」という話しだしではなくて
「逆説的ですが先輩?感謝しています」とかなんとか、で話し始め、終わりもそれで締める、
スピーチの構成的にそれが締まった印象になるのかもしれません。
posted by しくむ at 00:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残るスピーチ(教室編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。